全日本製造業コマ大戦 第4回 桐生場所 に出場しました


6月18日(土)、「全日本製造業コマ大戦」の第4回 桐生場所が桐生商工会議所ケービックホールで開催されました。

「全日本製造業コマ大戦」の桐生場所は、桐生市を中心とした広域の中小製造業者を主な対象として、
属切削加工技術の研究や製作技術の向上、地域の振興を目的に開催されています。
2019年以来の開催となった今大会には、県内外の企業や小学校、工業高校など全国24チームが出場しました。

大会はトーナメント方式で、試合ではチームの代表者が金属製のコマを投げ合います。
群馬電機チームは初戦となった1回戦で、2019年全日本5位の強豪・関東精密チーム(神奈川県)を破るという大金星。
勢いに乗って2回戦も快勝すると、3回戦では2019年南関東ブロック優勝の猛者・テックチーム(千葉県)に辛くも勝利しました。

迎えた準決勝の相手は、なんと世界チャンピオン・HenryMonitorチーム(長野県)。
2試合とも土俵の中央でにらみ合う消耗戦となりましたが、健闘及ばず、惜しくも敗れてしまいました。

しかし、その後の3位決定戦では、火花散る熱戦の末、地元の雄・桐生ソウイングチームに勝利。
過去の出場3大会すべて1回戦で敗退していた群馬電機チームの今大会は、第3位という好成績で幕を閉じました。