呼び込み君開発秘話

1999年 夏の暑い日、群馬電機株式会社 東京営業所にて営業所員7名に囲まれて、本社商品部設計者3名が次期商品企画について討議を行っていた。 現在の商材はLED表示器が主体で年商6000万円程度を売り上げており、さらなる販促による売上倍増が社長より下された厳命だった。 当時LED表示器は商品として世に出て間もなく、パナソニック、東芝、シャープなど大手企業が市場を抑えており、ネームバリューの低い当社は苦戦を強いられていた。 LED表示器で開拓した店舗向の販路に表示器以外で何か乗せられるものがないか? 設計部と営業所の両担当の間で何ども討議が繰り返された。 とある日、販促にでていた営業担当から、一…続きを読む