ウェブサイトをリニューアルしました

いつも当社のウェブサイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。 この度、群馬電機株式会社の事業やオリジナル製品を、よりわかりやすくお伝えするために、ウェブサイトをリニューアルいたしました。 当社からの最新情報やメディア情報・お知らせなどは、こちらのサイトに随時掲載し、今後もコンテンツの充実に努めてまいります。 引き続き、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 より見やすく、より使いやすいウェブサイトとなるよう運営を進めて参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

第5回 CareTEX2019 に出展します

2019年2月6日~8日にて開催されるCareTexに群馬電機も出展します。 http://caretex.jp/ 弊社「ファミリーコミュニケーション」シリーズなど展示いたしますので、お近くにお越しの方は是非お立ち寄り下さい。 招待券などご希望の方はお気軽にご連絡ください。

全日本製造業コマ大戦 第1回 桐生場所 2018

12月8日(土)、桐生商工会議所ケービックホールで開催された『全日本製造業コマ大戦 第1回 桐生場所 2018』に出場しました。 県内外の製造業や工業高校など39チームが名を連ね、第1回大会ながらG3と格付けされた桐生場所。初出場となる弊社では、この日のために各部署の主力社員4名が選抜チームを結成し、コマの設計から準備を進めてまいりました。そして、就業後も打ち合わせを重ね、大戦の前夜まで練習をして迎えた当日。1回戦の第3試合に登場し、2本先取により勝ち抜けとなる第1投目で勝利を納めたものの、続く第2投目と第3投目は相手コマとの持久戦に敗れ、惜しくも1回戦敗退となりました。 実行委員長を務めた弊…続きを読む

呼び込み君開発秘話

1999年 夏の暑い日、群馬電機株式会社 東京営業所にて営業所員7名に囲まれて、本社商品部設計者3名が次期商品企画について討議を行っていた。 現在の商材はLED表示器が主体で年商6000万円程度を売り上げており、さらなる販促による売上倍増が社長より下された厳命だった。 当時LED表示器は商品として世に出て間もなく、パナソニック、東芝、シャープなど大手企業が市場を抑えており、ネームバリューの低い当社は苦戦を強いられていた。 LED表示器で開拓した店舗向の販路に表示器以外で何か乗せられるものがないか? 設計部と営業所の両担当の間で何ども討議が繰り返された。 とある日、販促にでていた営業担当から、一…続きを読む

製造1課 Ayumi.S

製造1課 班長 Ayumi.S 製造1課の仕事内容 自動販売機関係の制御基板、業務用エアコンや冷蔵庫の各インバーター基板、エコキュート・介護用ベット・エアコン等の各リモコン、店舗向け大型表示機等のモノづくりを行っており、基板アッセンブリー、検査、組み立て等が主な業務になります。 モノづくりを通じて、改善提案という形で、社員全員が作業や業務の改善に取り組んでいます。 1人1人が業務に対し、責任を持ち、達成することでやりがいを感じられる部署です。 また、モノづくりを通じて、どのように世の中に役立っているかを知ることで、モチベーションを高めています。 そして、QCD(品質・コスト・納期)を常に意識し…続きを読む

設計部 Hidetaka.O

設計部 Hidetaka.O 設計部の仕事内容 開発技術営業本部 設計部は、自社商品以外のEMS(OEM、ODM)設計業務一式を担当しています。 設計の内容は、電気関係では ソフト設計、ハード設計、アートワーク設計、また機構設計も社内対応しております。 更に、開拓営業も担当業務になり、仕事の受注より具体的に生産に移行するまでを担当しています。 難しい反面、常に新しい技術にチャレンジでき、完成時の達成感を感じられる部署です。 Q1 群馬電機に入社を決めたポイントは何ですか? 私は、大学校で電気を専攻し、電気基板は私が電気に興味を持つキッカケでしたので、電気回路に関わる仕事がしたいと考え、就職活動…続きを読む

BCプロジェクトチーム Takeshi.O

BCプロジェクトチーム Takeshi.O BCプロジェクトチームの仕事内容 高齢者と介護者のお役に立つ新しいモノづくりやサービスにより、超高齢社会に貢献することを主眼に置いています。チーム一丸となって、お客様の視点から暮らしに必要とされる製品の企画・開発業務(BusinessCreate)を行っております。 Q1 群馬電機に入社を決めたポイントは何ですか? 前職では、居宅介護支援事業所の管理者兼ケアマネジャーとして、認知症や統合失調症、高次脳機能障害など行動障害を併せもつ高齢者の支援を主に担当してまいりました。 高齢者ご本人はもとより、支援者であるご家族や介護職員、近隣住民が大変な思いをする…続きを読む

東和新生会主催の「第15回 ビジネス交流会」(会場:ヤマダ グリーンドーム前橋)に出展しました。

東和新生会の会長も歴任している弊社会長の開会セレモニーでの挨拶シーンです。 出展した主な商品は、国内外3拠点の工場にて対応させて頂いている品質第一がモットーの「OEM商品」、ご好評を頂いている呼び込み君などの「POP商品」、高齢者のお役に立ちたいと自社で企画・開発中の「福祉介護商品」などです。 開催は午後半日という短い時間でしたが、小型・軽量・電池動作により使用場所を選ばない「コードレスPOP(モバイルトークミニ)」や音声認識により会話のキャッチボールができる「双方向会話ロボット(ファミリーコミュニケーション)」などの新商品もご紹介できました。